わきが手術のメリット・デメリット

わきがの臭いが本当に苦痛で、手術をして治そう。と決断したのはいいけど、手術にはどんなメリットやデメリットがあるのだろう?と不安な気持ちも同時に芽生えてきていませんか?

このページではワキガ手術のメリット・デメリットについてご紹介しています。

わきが手術はメリットだけじゃない!リスクについても解説

わきが手術の最大のメリットは、わきがの原因であるアポクリン汗腺を取り除き、臭いの原因を根本的に除去できるといったことです。もちろん臭いの原因を除去するわけですから、臭いも軽減されます。

これまで毎日気になっていた臭いわきが特有の黄ばみも手術前よりは明らかに軽減します。

毎日制汗剤を塗る必要もなくなりますし、快適な私生活を送ることが可能になります。

わきが手術にはデメリットもある!!

わきが手術のデメリットは、なんといっても傷跡や臭いの再発となります。

費用に関しては、保険適用が認められる手術方法があり、両脇で5~7万円程度で受けることができるため、本当に悩んでいる人ならばそれほど高くはない金額ともいえます。

しかし、本当にデメリットなのは、傷跡と臭いの再発です。

わきが手術の傷跡は医師の技術や体質により異なる

わきが手術の最大のデメリットともいえる傷跡ですが、これは医師の技術や体質によって傷跡が目立つ目立たないが分かれます。

まず、わきが手術をあまりしたことのない医師で、皮膚を縫い合わせるのが雑な場合は傷跡がくぼんだように残ったり、ボコボコとしたり、皮膚と皮膚が引っ張られているように突っ張ってしまう場合もあります。

わきが手術をする場合は、わきがに強い病院で経験のある医師にお願いするようにしましょう。

次に体質による傷跡ですが、これは「ケロイド体質」の方はどうしても傷跡が残りやすくなります。ケロイド体質の人はケガをしても直りが遅く、傷口がピンクっぽく紫色になってボコボコとグミのような見た目になってしまう人です。

普段から擦り傷などの傷跡が残りやすく、なかなか傷が治らない人はワキガ手術をすると傷跡が目立ってしまう可能性があるので、あまりおすすめすることはできません。

わきが手術は医師とのカウンセリングが重要

わきが手術をする場合は医師からメリット・デメリットや手術後のことについて説明を受けます。

この時に、実際に手術を担当してくれる医師がしっかりと説明してくれるか?こちらの不安点や疑問点、悩みをしっかりと時間をとって親身に聞いてくれるか?といったことが非常に重要になります。

中には、担当する医師ではなく看護師や助手などが説明やカウンセリングを行う医療機関もあります。

このような医療機関で手術することはおすすめできません。後々に「そんなこと聞いていない」「傷跡のリスクなんて説明されていない」などといったトラブルになりかねないからです。

わきが手術をする場合は、医師が丁寧にこちらの不安を取り除いてくれるか?アフターケアはしっかりしているのか?をしっかりと見極める必要があります。

わきが手術後の臭い再発リスクについて

わきが手術が成功し、傷跡もそこまで目立たなくできた!と思ったのは束の間、またわきがの臭いが発生してしまう場合もあります。

実はわきがの原因であるアポクリン汗腺というのは年齢とともに成長していきます。特に思春期から20歳くらいまでは特に発達して成長します。

わきが手術を高校生や中学生で受けた場合で、アポクリン汗腺をすべてしっかりと除去しきれていなかった場合は、残ったアポクリン汗腺が再生し、またワキガの臭いが発生してしまう可能性があります。

ですので、「成人するまでワキガ手術はおすすめできません」。

わきが手術をして、臭いの再発を防ぐためにも、わきがの原因であるアポクリン汗腺の成長がある程度落ち着いてきた20歳程度から手術をうけたほうがよりリスクを軽減することができます。

実際に私の知り合いでも、ワキガ手術を中学卒業後にすぐに受けて、20歳過ぎになってからまたワキガの臭いが再発し始めたという友人もいます。

ワキガ手術でわきがの根本的な原因であるアポクリン汗腺をすべて除去することは非常に難しいということを頭の片隅に入れておいてください。

わきが手術の総合評価

わきが手術は保険適用のため10万円以下で手術を行うことができますが、あまり得策とは言えません。リスクが色々とありますし、本当に医療機関でのわきが対策を考えている場合は、ワキガ治療をおすすめします。

わきが治療は脇の皮膚にメスをいれないため、切開(皮膚を切る)必要がありません。

傷跡のリスクもすくなく、皮膚表面上から熱やレーザーで照射しアポクリン汗腺を破壊していきます。傷跡のリスクがなく、アポクリン汗腺を破壊できるので臭いもしっかりと軽減されますしリスクが少ない治療方法ともいえます。

しかし、1点だけデメリットを上げるとすれば、費用が高いことです。

治療は20万円~40万円程度の費用が掛かるため安いとは言えません。しかし、金額なりのメリットがあるのも事実です。

リスクなしのワキガ対策はワキガクリーム

金額、傷跡などすべてのリスクをなくワキガの臭いをしっかりと対策したい場合はワキガクリームがおすすめです。ワキガクリームであればクリームを塗るだけで臭いた軽減されますし、1日しっかりと消臭することができます。

金額も数千円程度でコスパもいいので、とりあえずワキガ対策をしようと思っている方はワキガクリームやデオドラントがおすすめです。

ワキガクリームのデメリットは、ワキガを治すことはできないということです。ワキガクリームを塗るのを忘れた場合は当然臭いが発生してしまいます。

しかし、毎日しっかりと塗れば臭いをしっかりと抑えることができます。

まとめ

ワキガ対策方法にはどの方法にも一長一短あります。

どの方法が自分に適しているのかをしっかりと判断し、自分で決断して対策方法を決めましょう。

ちなみに当サイトのおすすめはワキガクリームで対策する方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です