脇が黄ばむのはワキガとの関係が深い

あなたは、脇の洋服部分が黄ばんでしまい、なぜ黄ばんでしまうのだろう?と悩んではいませんか?

実は脇が黄ばむ原因は、ワキガと深く関係しています。

脇が黄ばむ原因

汗をかくと洋服の脇部分が黄ばむ原因には、「色素成分」が関係しています。

ワキガの原因であるアポクリン線から排出される汗はニオイが強烈なだけでなく、リポフスチンという色素成分も排出します。その結果、汗が脇の衣類についてしまうと乾燥した時に黄ばみが発生してしまうのです。

ワキガでない方の脇が黄ばまない理由は、アポクリン汗腺がワキガの人より少ないからです。

アポクリン線が少ないという事は、脇の臭いも通常レベルですし、汗をかいてもさほど黄ばみません。

ワキガの方は、普通の方に比べてアポクリン汗腺が多くあるため、黄ばみや臭いが気になってしまうという事になります。

ワキガの黄ばみは洗濯しても落ちずらい

ワキガの方が着用した後の黄ばんだ衣類は、普段通り洗濯しても綺麗に落ちづらくなっています。

ワキガの黄ばみはとても頑固で、手洗いしても落ちないことが多いので、そういった場合には「重曹」を使用するといいでしょう。重曹には色素成分を分解してシミを落としてくれることかがあるので、食用重曹を桶に大さじ3杯ほど入れて、つけおきしておきましょう。

半日~1日程度つけおきしたら、後は普段通りに洗濯してみると、ほとんどの場合でしっかりと黄ばみが取れています。

黄ばみと臭いは比例する

脇が黄ばんできているのを自分で確認できた場合には、すでに他人に臭いがバレるほど臭っているというパターンがほとんどとなります。

脇汗を沢山かくことで黄ばみの比例して濃くなっていきますので、自分で衣類を確認し、黄ばみが濃い状態であればすでに臭いが強烈になっている可能性が高くなります。

脇に黄ばみを作らないために

脇に黄ばみを作らないためには、脇汗パットを使ったり、ワキガクリームを使用する方法があります。

最近の脇汗パットは、透明なフィルムを貼るタイプのものも登場しているので、他人にバレないように脇汗パットを脇にはることができます。ワキガクリームでも脇の黄ばみは抑えられます。

ワキガクリームは臭いを抑えるだけの商品のように感じますが、実際に使用してみると臭い以外にも黄ばみや汗も予防できる商品があります。そのような商品は通販で売られていることが多く、性能が良いので価格もそれなりに高いのですが、効果や効能を理解すると価格は適正だという事ができます。

ワキガや脇の黄ばみは、他人にバレるととても恥ずかしい思いをするので、自覚症状があるのならば早い対策を心掛けることでストレスのない生活を送ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です