乳首から苦い臭いがするのはなぜ?

乳首から苦い臭いがして悩んではいませんか?

実は乳首周辺には、ワキガの原因であるアポクリン汗腺が密集しています。ワキガ体質の方の数パーセントが、乳首からもワキガと同じ臭いがするチチガ(すそわきが)になることがあります。

また、出産後に乳首から苦い臭いやワキガのような臭いになったという女性が非常に多くいますが、これは人間の特性で、目のあまり見えない赤ちゃんがしっかりとおっぱいの場所を探せるように、独特な臭いを発生することがあります。

出産後の女性で、赤ちゃんにワキガのニオイのする乳を与えて大丈夫だろうか?と不安に思うかたも多いのですが、健康被害などはないので安心してください。

どうしても臭いが嫌な場合は、臭いを抑える専用の石鹸を使用するといいでしょう。

授乳中ですと、デオドラントなどの消臭クリームを乳首に塗ってしまうと乳児の口に入ってしまいますので、そのようなことは避けて、お風呂で石鹸などでの臭いケアをすることをおすすめします。

授乳をする必要がない場合は、乳首周りの乳輪にデオデオランとクリームなどを使用し、臭いを抑えることができます。しかし、乳首は非常にデリケートな部分ですので、使うデオドラントも無添加成分で作られているお肌に優しい消臭クリームの使用をおすすめします。

添加物が入っていたりする商品を使うと、お肌の弱い方や乾燥肌の方はかゆくなってしまったり、肌荒れをしてしまう可能性があるので注意してください。

乳首の臭いは彼氏や彼女など大切なパートナーに嫌われてしまう原因になる可能性もあります。

男性なら下着、女性ならブラジャーを確認し、乳首周りが黄ばんでいましたら乳首のワキガ(チチガ)の可能性があるので一度臭いを確認し、臭いが強烈ならば何らかの対策方法をとることをおすすめします。

乳首からのワキガ臭は脇に比べて臭いが弱い傾向にあるので、石鹸などでのケア方法が一番適していると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です