腋毛を処理したほうが臭いを軽減できる?

ワキガの人や脇の臭いに悩んでいる人は、腋毛を処理してしまったほうが臭いを軽減することが可能です。

腋毛があると、脇の下がムレたり通気性が悪い状態となるので、雑菌が繁殖しやすい状態となります。

その結果、汗の臭いが雑菌繁殖して臭いが強くなったり、ワキガの臭いが雑菌とまざり臭いが強くなってしまうことがあります。

腋毛の処理方法

腋毛を自宅で処理する方法は大きく分けて2つあります。

  • 剃る
  • 抜く
  • 比較的抜く人が多いのですが、腋毛を抜くことはあまりおすすめしません。理由は、腋毛を抜くと埋もれ毛になる可能性が大きいからです。埋もれ毛とは、毛穴の中から出てこれなくなってしまう毛のことです。

    これが多くなると、脇が黒く黒ずんでいるようにも見えるので女性なら悩んでしまう種となります。

    腋毛を自宅で処理する場合は、カミソリで剃ることをおすすめします。蒸しタオルやクリームを使用し、カミソリの刃の滑りをよくして、お肌にダメージを与えないように丁寧に剃ることで、剃り負けなどを防ぐことができます。

    また、腋毛を剃り終わったら、冷やしタオルで冷やして毛穴を引き締めてあげることも重要です。

    保湿も心掛けることで臭いや黒ずみも予防することができます。

    陰毛も処理したほうが臭いを軽減できる

    陰毛もある程度処理してしまったほうが臭いを軽減することができます。

    特に女性の場合は、Iラインの陰毛を綺麗に処理することで陰部の臭い対策にもなります。陰毛もムレや雑菌繁殖の原因となるので、ある程度綺麗に処理しておくことをおすすめします。

    また、陰部の臭い対策に制汗剤やロールオン・スティックタイプのデオドラントは使用しないようにしましょう。

    陰部のよなデリケートな部分にはデリケートゾーン専用の臭い対策商品を使うことをおすすめします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です